2018年1月15日(月)

企画・撮影・編集を担当させていただいた昭和館「オーラルヒストリー(証言映像)」の「東京都編」三巻が完成し、館内での公開が始まりました。今回は日本の南極観測の先駆者であり、日本極地研究振興会理事長である吉田栄夫さん、沼津空襲の体験者であり、日露文化センター代表の川村秀さん、日本を代表する昆虫学者であり、現在は群馬県立ぐんま昆虫の森の名誉園長を務める矢島稔さんを取り上げています。それぞれの分野で時代を築かれた御三方に、戦中・戦後の労苦体験を語っていただきました。東京・九段下にある歴史資料館、昭和館5Fの映像・音響室の専用端末で視聴が可能です。無料でご覧になれますので、是非お立ち寄りください!