「杉原“SEMPO”千畝」上映開始

早稲田大学歴史館の特別展「杉原千畝手記」にて、弊社制作の動画「決断の刻~6,000人の命のビザ 杉原“SEMPO”千畝 」が「シアタールーム」にて上映されています。現在では世界中に知られている杉原千畝のユダヤ避難民への「命のビザ」発給。しかし、1940年、第二次大戦中のリトアニアで行われた「歴史に残る功績」が広く世の中に知れ渡ったのはおよそ30年後、1968年のことでした。そのきっかけを作ったのは当時、駐日イスラエル大使館に新しく赴任した参事官「ニシュリ氏」でした。これまで写真もほとんど公開されていなかった「謎の男」、ニシュリ氏について、その子女や元大使館職員が証言しています。杉原千畝の研究者も認識していなかった事実が本動画で明らかにされています。この機会に是非ご覧ください。