会社概要

●在原義男 (代表取締役/プロデューサー/ディレクター)

90年代後期より、京セラ、NEC、KDDI、オリンパス、ノベル、日本HP等のイベント映像の構成・演出を数多く担当する。2000年9月に株式会社ザイヤを設立。先の大戦の戦災を伝えるビデオ「明日への伝言」、「ぼくがしらべた戦災~空襲があった街」シリーズや国際交流団体の広報映像を多数制作。2009年には 国際協力機構(JICA)のプログラムで、アフリカ・モザンビーク、南米・ブラジルを取材し、熱帯サバンナの農業開発協力に関する映像の構成・演出を担当。博物館・資料館の映像として、茨城県自然博物館「地球46億年の歴史」(2003)、「霞ヶ浦の自然」(2006)、昭和館「オーラルヒストリー」(2004~16)を担当する。そのほかTV-CMとして、アイデス(2000~15)、マミー引越センター(2000~03)、販売用DVDとして「聖書を読んだサムライたち1~3」(2011~13)、「キリシタン大名」(2014)、「朝のヒロインはクリスチャン」(2016)等の企画・演出を担当。

イベント制作では、総務省委託の企画展「戦災と平和展」(2010~14)、玉川髙島屋S・Cの夏休み企画展「大アマゾン展」(2008)、「たまがわ宇宙展」(2012)、「たまがわ昆虫展」(2014)、「生命40億年の旅~大むかしの生きもの展」(2016)、「南極・北極展」(2017)等の企画・プロデュース・総合演出を担当している。